上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめに
 この地に遣わされて21年、この春で、この地における宣教の勤めを終えることになった。小学生であった三人の子どもたちも成人し、それぞれの家庭を築いていることを思う時、この地での20年余が人生における濃密な時であったことを思う。そして思う。人生の最良の時は、〈これから〉であると。終わりに〈最も新しいもの〉を見ながら、地上での残された伝道者としての日々を生きたいと思う。

続きを読む »

スポンサーサイト
山内 幸

 クリスマス! 暖かく心地良い響きある言葉。森山良子の澄んだ歌声が浮かぶ。
「われ聞けり『かなたには うるわしき都あり』かがやけるかの岸に、われはまもなく着かん、『ハレルヤ』とうたいつつ、うたいつつすすみゆかん、わが足はよわけれど、みちびきたまえ、主よ。」(2編136)

続きを読む »

 「主の晩餐なくして我等は生きながらえることができない。」
 (ディオクレチアヌス帝時代のアビシネの殉教者たちの告白)


 私たち秋田楢山教会は2008年2月11日に創立120周年を迎えました。創立120周年を迎え、そして越えるための取り組みの一つに、秋田のキリシタン遺跡を巡る【秋田ビアドロロサ】を企画しました。これまで二度にわたり、県南を中心にその足跡を辿りました。
 今年は、〈平和を祈る会〉として、秋田市内にあるキリシタン縁の地を探索したいと計画しました。熊谷恭孝さん(元聖霊短大付属中高教師・キリシタン文化研究会会員)の案内で、刑場までの道のりを実際に徒歩で辿ってみたいと思っています。一足一足その歩みを重ねることで、殉教者たちを支えた祈りに触れることができたらと願っています。誘い合ってご参加ください。
 
  ☆日 時:2010年8月15日(日)午後1時~2時半
  ☆行 程:教会~秋葉神社(織部灯籠・マリア観音像)
           ~声体寺(織部灯籠・キリスト像)
              ~面影橋・宝塔寺(五重塔/処刑場)
         全長、約4キロの道行きです。
    ☆参加費:なし
    ☆申 込:8月8日(日)までに

参加申し込み書

  お名前            

  ☆尚、原則徒歩ですが、
     自転車や車に同乗なら参加できるという方は、
     その旨をお知らせください(○で囲む)。
   私は [徒歩、自転車、車に同乗] で参加します。

BLOG TOP |       


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。